男性

年齢に負けない軟骨

グルコサミンで軟骨に元気を

グルコサミンとは、人間が歩く時に不可欠となる膝や腰の関節の細胞を修復してくれる成分です。生まれた時から膝の細胞は作られ続けますが、加齢にともなって細胞を作る力がだんだんと弱くなってしまいます。 グルコサミンは加齢によって減り続ける膝の細胞の生成力を助けてくれる効果があります。 最近では高齢者だけでなく若い世代、特にスポーツを楽しむ若者にも膝や腰の痛みが頻発しています。 グルコサミンが不足している状態で階段の上り下り、過度な筋力トレーニングを行うと膝関節の細胞が破壊され、再生されないという悪循環が発生してしまいます。 今、腰痛や膝痛に悩まされている方はなるべく水泳などの膝に負担のかからない 運動を取り入れた上で、グルコサミンを用いて膝関節の修復を図ることが重要です。

効くからといって摂りすぎは逆効果

グルコサミンは効果的に膝関節の修復を助けてくれます。 運動前に飲むことによって睡眠中に細胞の修復が進むので膝の痛みは和らぐでしょう。 しかし、グルコサミンは過剰摂取によって逆効果となってしまう場合があります。 グルコサミンの主成分は「糖質」ですので、糖尿病などの疾患を持っている方が過剰に摂取してしまうと、かえって健康に悪影響となってしまいます。 膝の細胞に吸収されるグルコサミンの量は決まっていますので、用量より多く摂取したからといって効果が強く現われるといったものではありません。 グルコサミンの効果を最大限引き出すためには、カルシウムを一緒に摂取することが大事です。 まずは丈夫な骨を作ること、次に膝に負担のかからない運動を取り入れること、最後に、すりへった膝関節をグルコサミンで修復してあげること。 この三本柱で100才まで歩き続けられる丈夫な膝と腰を手に入れましょう。